名古屋で近所の方々と協力して清掃した話

私の住んでいる家のすぐ近くには大きな神社があります。緑が多く散歩するのにも気持ちの良い場所なのですが、秋になると神社の近所に住む方々の悩みの種になっているのが大量の落ち葉です。
風の強い日なんかには道路のアスファルトが見えなくなるくらい積もってしまう事もあります。落ち葉の清掃に関しては公共の道路なので強制でやらなくてはいけない決まりなどありません。

しかし自分はもちろん近隣住民の方々が安全に通行する為と、落ち葉が散らかっているとせっかく綺麗な神社周辺の景観が悪くなってしまうのが嫌で、いつしか誰かが落ち葉の清掃を始めると気付いた人から続々と手伝いに道路に出てくるのが習慣になりました。
その時に世間話などをする事で近隣住民の方とコミュニケ-ションが自然ととれ今の時代には珍しく、近所みな仲が良いです。

落ち葉の清掃のコツは濡らさない事です。落ち葉が濡れてしまうとアスファルトに貼りついてしまいホウキで掃いても取れなくなってしまうので天気予報で次の日が雨の時などは前日に清掃をしておくと捗ります。
この場所に住んでいるからにはずっと付き合っていかなければいけない清掃ですが、良い事もたくさんあるので続けていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です