名古屋で毎日トイレ清掃

名古屋で一人暮らしをしている私ですが、部屋の中でも特に汚れるところいったらトイレですよね。

我が家にもある水洗便器は、毎日1回、ふたや回りのほこりを、トイレットペーパーで拭き取っていれば、ほとんど汚れることはありません。内側に、もし汚れがついたら、トイレブラシにクレンザーを少量つけてこすり、それから水で流します。
外側は薄い洗剤液をつけたぼろ布で拭いて、布は捨ててしまいます。なるべく薬品を使わないで済ますようにしていますね。

和式便所の場合は、火ばさみにぼろ布を巻き付けて、トイレ用洗剤をふりかけて、こすります。がんこな汚れは、塩酸の方が良く落ちるでしょう。その際には目や手に付かないように十分注意してください。

浴室のプラスティックの浴槽や桶は、住居用洗剤で湯垢などを落としていきます。桶の底などが黒ずんだ時には、一晩次亜塩素酸ソーダ溶液につけると、きれいに漂白されるのでおすすめです。

次に、居間の畳に取り掛かります。畳は、あげて叩くときのほかは、掃除機をかけるのが一番の方法です。ごく薄い住居用洗剤で目なりに拭き、そのあと乾拭きするとさらに綺麗になります。

深夜の清掃に都合の良い道具

一日に一回は自宅の掃除をするのが、清潔を保つ上でも気持ちの良い生活をするためにも不可欠なことですが、何かと事情があって出来ない人も多いかと思います。

その事情の一つに現代の多様な生活スタイルが関係してくる場合があります。例えば昔と違って今は24時間、常に活動をしています。そのため夜だからといって必ず人が寝ているわけではありません。
しかし一般家庭で清掃をする場合、朝から遅くとも深夜になる前までの間でないと大多数の人から音などで反感を買います。

ところが誰もが昼間に活動しているわけではありません。そのような人達が自宅の清掃をしたい場合、深夜が一番都合の良い時間であることも十分にあり得ます。
そのため深夜の掃除を考える場合、音の出る掃除機を使うことは考えられないため、別の手段を模索する必要があります。その一つに昔ながらのほうきと塵取りがありますが、埃がたつことからあまりお勧めできません。

畳やカーペット以外なら無難なのが清掃会社でレンタルしているモップです。これだと音もないしフローリングなら掃除機よりも綺麗になるのでお勧めです。

名古屋で学んだ清掃の心得

近所に「私のうちでは盆暮れと、先生の家庭訪問のときに大掃除をします」という主婦がいました。
清掃に関して言えば、これもいい考え方だと思います。大掃除は家の行事に関連して年に2、3回はしたいものですよね。

ただし、大掃除の時になにもかもしようというのは大変です。ガラス拭きは1、2ヶ月に1度して、カーテンは年に4回ぐらい、風呂場は週に1回というように、ふだんから清掃内容を書き出して、計画的に手入れしていくのがいいと思います。

清掃をする上で、清掃に必要な洗剤を調べてみました。住居用洗剤は、清掃のすべてに使うことができます。
アンモニア入り洗剤、グリコエーテル入りのクリーナーは、ひどい油よごれに、クレンザーは住居用の洗剤に加えて金属磨きとして使います。
アンモニア水は、水に加えて、油よごれやガラスのよごれ落としに使うとよいでしょう。住居用洗剤と合わせて使うこともおすすめです。アルコールは、冷蔵庫内の清掃に、水や合成洗剤と合わせれば、ガラスや白木のよごれ落としにつかえます。

名古屋での清掃の仕事に関する体験談

私は副業として、名古屋で土日だけの清掃のアルバイトを経験したことがあります。
仕事として清掃を行う現場は、主に名古屋市内にある事業所や病院が中心です。私は最初に病院の清掃をする事になったのですが、初めての仕事でもあったので、責任者からモップのかけ方をしっかりと習いました。
私が行った名古屋駅前にある病院の清掃は、初めての清掃の仕事という事で、出入り口の階段をほうきで掃いたり、トイレの全般の清掃の業務を行いました。

私は初めての清掃のアルバイトということで、あまり清掃の段取りが進んでいないのを現場の責任者が確認したので、もっと早く清掃を進めるように言われました。清掃を早く進めないと、いつまで経っても現場の清掃の仕事が終わらないので、責任者から掃除を早く進める方法を教えられて、分からないことがあったらいつでも分からないことを遠慮なく言うように言われました。
病院の掃除は夕方まで終わって、名古屋市にある事務所に帰宅して、掃除の仲間と様々な事を話して帰宅しました。

名古屋に住む主婦の簡単清掃

名古屋に住んでいるわたしですが家の中の汚れは、日々、着々と増えていきます。
こまめに清掃をしていないと、年末あの忙しい時期に大慌てで、家中の大掃除をしなくてはなりません。

現在、乳児を抱えている私は、これまでのように、大掃除で一気にやるぞ!ということはできません。なので、日々たまっていく汚れは、日々小さいときに取ってしまうことを心がけています。

キッチンでは、シンクの水垢が付く前に、使い捨て雑巾でパパッとふきとります。もう一瞬の動きです。排水溝の汚れも、たまるとにおいも出て掃除も苦痛です。なので3日に一度はささっと取り出して、スポンジと使い捨て雑巾で清掃します。そして月に一度くらいでパイプ洗浄剤を入れてきれいにしています。
こうすると、手間なく、きれいが長続きします。

洗面台も同様に、使った後は、すぐに水滴を使い捨て雑巾でパパッとふきとります。鏡の汚れも同時にふいてしまいます。あとで清掃すればいい・・・という考えは捨てましょう。
清掃は今です。早く手をつければ一瞬で完了します。私は、雑巾を洗うのがとても苦手なので、常に、使い捨て雑巾を用意して、すぐ使えるようにしています。切れなくなったシャツや、痛んだタオル、シーツなどを、小さく切って、スーパーのレジ袋に保管しています。とても役に立っています。

清掃で名古屋を綺麗に使用

清掃で名古屋を綺麗にしてはどうでしょうか、誰でもできることがあります。
どこでも誰でもできることがあるのです、道端に落ちているゴミや草原などや必ずゴミは落ちています。
これを拾ってコンビニなどのゴミ箱へ捨てるだけでも綺麗になるのです、道端のゴミはそのままだと風邪に流されて街中に散らかってしまいます。
このように清掃を名古屋で誰でも出来ますので一人一人がゴミを拾って片付けることがすれば綺麗になりますし気持ちも良い物になります。
全てに人がこのようなことをすればきっとゴミ一つ無い世界となるでしょう、しかし現実はやはり捨てる人がいますのでせめて捨てるならばゴミ箱へ捨てるようにするようになってほしいものですね。
また大都市でもある名古屋でも多くの掃除人がいますが作業するだけでも大変ですし大変な労力ですのでせめてみなさんがゴミを捨てるならばゴミ箱などで捨てるようにすると環境にも優しいですし街も綺麗になりますし良いことばかりになります。

名古屋での清掃活動に初参加してみました!

最近、近所で行われている名古屋の清掃活動に参加してきました。
名古屋市の公園周辺を地域住民で清掃する機会があったんです。

実は、恥ずかしながら地域の清掃活動に参加するのは、これが初めて。なんとなくめんどくさいと言うか、知らない人たちと一緒にすることに抵抗があったこともありました。

そんな自分が、何故地域の清掃活動に参加することを決めたのかというと、遊びに来てくれた友人の子供が、公園で怪我をしたからです。
落ち葉に混じっていたガラスの破片に気づかず、尻もちを着いた時に指先を少し切ってしまいました。
ちょこっと消毒して絆創膏ですませられるほどの怪我だったんですが、何だか気になってしまって。そんなとき、地域の清掃活動のビラが入っていたので、こういうことが次に起こって欲しくないと、参加してみることにしたのです。

初参加だったんですが、みなさん快く受け入れてくれたので、自然と会話しながら清掃することができました。ちょっとのきっかけと、ちょっとの勇気で参加できるものなんですね。
これからも、安全な公園であるよう、清掃活動に参加していきたいと思います。

ガスコンロと換気扇の清掃

私が心がけている清掃のポイントをまとめてみました。清潔に保つには、いかにひどくなる前に清掃するかにかかっています。

ガスコンロの清掃では、バーナーの燃えかすやふきこぼれを、古い歯ブラシでよく掃除します。
ほうろうの受け皿のがんこなよごれは無理にこすらないで、台所用洗剤の原液をつけて、しばらくおいておき、そのあとに、クレンザーをかけて、スチールウールでこするとよいでしょう。
また住居用洗剤の中にクレンザーを少量混ぜた中で煮て、そのまま30分ほどおいておき、スチールウールでこすると効果的です。アンモニアメリクリーナーまたはグリコールエーテルメリクリーナー、マジックリンなどをつけてしばらくおいておき、クレンザーをかけてスチールウールでこすります。

換気扇は、羽をとりはずして、住居用洗剤を40度から60度くらいのお湯に溶かした中につけておきます。がんこなよごれもよく落ちます。べたべたな部分は、ぼろ布に灯油をつけて拭っても効果的です。モーターの部分には水がかからないように注意してください。

名古屋で近所の方々と協力して清掃した話

私の住んでいる家のすぐ近くには大きな神社があります。緑が多く散歩するのにも気持ちの良い場所なのですが、秋になると神社の近所に住む方々の悩みの種になっているのが大量の落ち葉です。
風の強い日なんかには道路のアスファルトが見えなくなるくらい積もってしまう事もあります。落ち葉の清掃に関しては公共の道路なので強制でやらなくてはいけない決まりなどありません。

しかし自分はもちろん近隣住民の方々が安全に通行する為と、落ち葉が散らかっているとせっかく綺麗な神社周辺の景観が悪くなってしまうのが嫌で、いつしか誰かが落ち葉の清掃を始めると気付いた人から続々と手伝いに道路に出てくるのが習慣になりました。
その時に世間話などをする事で近隣住民の方とコミュニケ-ションが自然ととれ今の時代には珍しく、近所みな仲が良いです。

落ち葉の清掃のコツは濡らさない事です。落ち葉が濡れてしまうとアスファルトに貼りついてしまいホウキで掃いても取れなくなってしまうので天気予報で次の日が雨の時などは前日に清掃をしておくと捗ります。
この場所に住んでいるからにはずっと付き合っていかなければいけない清掃ですが、良い事もたくさんあるので続けていきたいです。

名古屋で効率の良い清掃をする方法とは

普段よくお掃除される方は自分なりの清掃の方法や順番は大体決まっているかと思います。
同じことを繰り返すと自然と自分なりのやり方が身についていきますが、その場合は実は効率の悪い清掃方法になっているかもしれません。
清掃をする場所の順番や準備を効率よくすることで、清掃の効率はぐっと良くなります。名古屋での清掃はどうしたら良いのかと言えば、まずは準備が大切です。

どんな場所をどんな順番で掃除をするのか予め頭の中でイメージしておいて、必要な道具を予め揃えておくと凄く作業の効率が良くなります。多くの方は1か所掃除し終わると、次の箇所の道具を用意したりする方が多いですが予め全て準備しておくだけでかなり時間は変わってきます。

そしていざ掃除に取り掛かった時に掃除を手早く終わらせるには、当然余分な動きをしないことが大切です。
そのため、部屋の清掃は時計回りに順番に掃除することで効率が良くなります。
これらを意識するだけで、大分時間の短縮ができると思います。